Site Loader

多くの塾が取り入れている講義形式の授業

大学受験をサポートする塾は、講義形式の授業を取り入れているケースが多いです。このような授業では、講師がマイクなどを使いながら講義を行います。人気講師の授業などは、教室が満員になってしまうこともあるようです。講義形式の授業のメリットは、緊張感のある雰囲気のなかで切磋琢磨をしながら勉強ができることです。自分と同じ目標を持つ仲間と一緒に講義を受けることで、勉強へのモチベーションがアップすることもあるかもしれません。

質疑応答を取り入れている授業などは、人気講師に直接質問ができるところもメリットになるでしょう。講師は、学生たちの興味を引くようなスタイルで授業を展開するのが一般的です。雑談を取り入れて場を和ませたり、ユニークなエピソードを交えて難しい問題をわかりやすく説明したりするため、学生も楽しみながら授業を受けることができます。

きめ細かい指導が受けられるマンツーマン形式の授業

大学受験の塾でも増えているのが、講師と学生が1対1で勉強をするマンツーマン指導の授業です。マンツーマン指導では、毎回同じ講師が授業を担当することが多いです。学生が講師を指名できることも多く、自分とフィーリングが合う講師から授業が受けられるケースも増えています。マンツーマンの授業は、きめ細かい指導が受けられるのがメリットです。こういったスタイルの授業は、講義形式の授業と違ってわからないことがあるときにその場で講師に質問がしやすいです。

苦手な分野を講師に把握してもらえたり、自分に合った勉強法を教えてもらえたりすることも、メリットと言えます。大教室の授業だと、集中力が続かない人もいるかもしれませんね。このような人にとっても、マンツーマン指導の授業はメリットがあります。

自分のスケジュールに合わせて勉強ができる映像授業

講義を収録した動画を見ながら勉強をする映像授業も、大学受験の塾でよく見られる授業のスタイルです。教材として使用される動画には、さまざまな分野を取り上げた講義が収録されています。学生は専用のブースなどを利用して、このような講義を視聴することができます。映像授業のメリットは、自分のペースで勉強が進められることです。収録されている講義を視聴するスタイルなので、いつでも好きなときに勉強がスタートできるのもメリットと言えます。

高校生の場合、課外活動や部活動などで帰宅時間が変わるケースもありますよね。時間が決まっている講義形式の授業やマンツーマン指導の授業だと、急に予定が変わったときに授業が受けられないことがあるかもしれません。都合のいいタイミングで視聴ができる映像授業なら、その都度自分のスケジュールに合わせて勉強が進められます。

個別指導というのは、全員が決められた授業を行う塾の方法とは違い、一人一人の学力に合わせて教師に指導してもらう方法です。