Site Loader

速やかに審査が終わる金融機関を選ぶ

法人デビッドカードは、法人口座を介して入出金を行います。したがって、法人口座を開設する際に厳しい審査を受けているので法人デビッドカードを利用する審査は平易であることが一般的なのです。その理由は、会社の決算などの状況は把握されているからです。簡単な事務手続きですぐに利用できる金融機関が業務を効率的に行うことにつながります。また、手続きの速さは金融機関が会社への信頼が厚いことも意味します。メガバンク銀行よりもネット銀行のほうが早い傾向があります。なかなか審査方法を確認して早いかどうかを判定することが難しいのですが、インターネットサイトや広告で与信審査なしというキーワードがあれば早いことを意味します。

ただし、審査のスピードだけでなく、他にも考慮するポイントがあります。金融機関のサービスが重要で、万が一のカード紛失やシステム障害にも速やかに対応してくれるほうが良いのです。社員からの問い合わせ窓口を開設されていると利便性が高まります。さらには、いろいろな店舗で使うことができるカードが便利です。

維持費用が安いもの選ぶ

法人デビットカードの利用には、維持費が掛かります。一般的には振込手数料と年会費です。前者は、法人口座からデビッドカードで使った金額が決済されます。使用頻度が多いと振込手数料は悩ましい出費になります。年会費も同様ですが、金融機関によっては無料な場合もあります。初年度は無料で2年目以降は費用が掛かったり、初年度のみ有料といったケースがあるため契約内容を比較検討することがポイントなのです。しかしキャッシュバック制度を採用しているカードもあるため、これも考慮することがポイントです。ポイント制を採用しており還元率がいいことや有効期限の有無がポイントです。ポイントの使い道が商品であったり、ポイントの利用の手間がかかるかどうかも考える必要があります。

具体的な特徴あるサービス

金融機関ごとにユニークなサービスが企画されています。会社のカードの使い方や事情に応じて選ぶことがポイントです。例えば、万が一紛失や不正利用があった場合の保険です。補償の最大の金額の確認がポイントです。次に振込手数料ですが、カードの契約した金融機関内であれば無料という場合もあります。さらにその銀行を利用するとポイントに反映されるシステムを導入している場合もあるのです。安全性を高めるため、ワンタイムパスワードを採用しているカードがあります。短い頻度で暗証番号が変わるので盗難時に安心です。

法人のデビットカードは経費の精算が便利になります。給与システムとの連動も可能なため人事案件の処理がスムースになります。