Site Loader

日本政策金融公庫から借りる

事業資金を融資してもらうときに日本政策金融公庫から借りる方法があります。日本政策金融公庫は国が中小企業のために融資することを目的に作られています。そのため、事業資金を借り入れたとしても低金利で貸し出してくれるのです。金利が低くて融資期間も無理なく返済できるように調整することも可能です。このようなメリットがある一方で事業計画がしっかりしていないと、借り入れができないということもあります。事業計画書を作り込んで、日本政策金融公庫の担当者が納得できるものを提出する必要があるでしょう。

また、日本政策金融公庫では色々人への支援をするために特別な制度があります。若者、シニア、女性起業家などカテゴリーに当てはまるものあれば融資を受けやすいです。さらに、事業資金を日本政策金融公庫で借りると信用がついてきます。日本政策金融公庫が貸しているのであれば、返済される可能性が高いと他の金融機関でも考えます。そうなれば、他の金融機関からの借り入れが容易になることが多いです。

銀行や信用金庫から融資を受ける

事業資金を銀行や信用金庫から融資を受けるという選択肢もあります。地元の銀行などで取引があれば、事業資金を借りることができるかもしれません。ただ、事業計画書などの書類は必要になります。日本政策金融公庫から融資を受けるときと同じように、手続きをすることになるでしょう。日本政策金融公庫と同じような手間がかかりますが、金利は銀行の方が高くなることが多いです。支払い条件なども少しだけ厳しくなるので、先に日本政策金融公庫から借りることを検討する人がほとんどです。足りない部分を銀行から借りるという方法もあるでしょう。

消費者金融から借り入れる

日本政策金融公庫や銀行などと違って消費者金融の利点は、比較的簡単に借り入れができ流転です。審査にかかる時間も消費者金融の方が早いです。ただ、銀行などと比べても金利は高くなります。長期間返済することを考えると金利が高いのはデメリットでしょう。しかし、事業資金を借りて返済できる見込みが立っているのであれば、融資を受けても問題ないです。返せるまでの時間を逆算して利息が高くならないように調整する必要はあります。

個人から借り入れをする

事業資金を家族や友人から借り入れするという方法もあります。事業資金が少なくてすむビジネスであれば、個人からの融資で賄える可能性もあるでしょう。個人の場合は同意さえあれば事業計画書などを書かなくても、すぐに融資をしてもらえることも多いです。そのため、すぐに事業を開始したい人などには合っている方法です。

事業資金は売上債権+在庫-買入債務で算出できます。この式から債権の回収期間を圧縮したり、在庫を少なくするほか、支払い期間を長くしてもらう事で、必要な資金自体を少なくできることが分かります。